不動産の説明

バッチリな空室対策で不動産経営成功しよう~NONO空室作戦~

リスクを避けられる

不動産

賃貸経営を進める上で対策すべきなのが、空室リスクです。最も簡単なのが家賃保証を利用することです。家賃保証を利用すれば、空室でも保証されているので、収益をあげることができます。

読んでみよう

不動産経営のリスク対策

マンション

資産運用の様々な形態

自身の資産を大きく増やしたい、資産運用には株や債券、投資信託など様々な形態がありますが、不動産経営は安定的な収入が得られると人気を集めています。建物や土地を購入し、賃貸アパートやマンション、駐車場として活用することで収入を得ます。ここ最近では公的年金制度が不安視されていることから、私設年金として不動産経営が有望視されています。不動産経営は管理会社を仲介すればほとんど手間がかからず、安定した収入を得ることができます。しかしこの不動産経営、賃貸アパートやマンション経営の場合は空室が大きなリスクとなります。現在、賃貸物件において需要と供給のバランスが崩れてきており、空室率が上昇傾向にあります。そのため、空室対策に悩むオーナーさんが増えています。

管理会社の選択

空室対策には利便性の良い立地を選ぶ、人気のある間取りや設備の物件を選ぶことなどが挙げられます。その他に、管理会社の選択も空室対策に大きく関わってきます。不動産管理の形態で一般的なのは、管理委託方式です。不動産管理会社がオーナーの代わりに代金の収集や建物の管理などを行います。仕組みが単純で手間がかかりませんが、管理会社によって注意すべきポイントがあります。管理会社には2種類あります。管理業務とともに仲介業務も兼ねる形態と、管理業務のみを行う形態です。前者は独自の仲介店舗を構え、地域に根差しているというメリットがあります。しかし、管理会社が直接契約することで仲介手数料を得られることから、物件の情報が他社へ広まることはありません。その点、後者は一つの仲介会社に限らず、幅広く募集をかけることができます。そのため、空室対策に適していると考えらえます。

負担を大幅に減らせる

お金

マンションやアパートのオーナーになったら、様々な業務を行なう必要があります。手間に感じるなら賃貸管理を依頼すると良いでしょう。賃貸管理を利用すれば、手間と時間を省けますし、トラブルの対応も素早いです。

読んでみよう

収益物件の管理

マンション

収益物件を購入しても空き部屋の品質を保つ事は大変です。それ故に空き部屋の多いマンションを抱えているオーナーは、賃貸管理の代行サービスを利用しています。適切な方法で収益物件を保守するため、賃貸管理サービスを提供する業者は信頼されているのです。

読んでみよう