女性

バッチリな空室対策で不動産経営成功しよう~NONO空室作戦~

リスクを避けられる

不動産

賃貸経営をするときに知っておきたいサービスが、家賃保証です。賃貸経営は、入居者がいれば月々安定した収益をあげることができます。しかし、空室が多いと家賃収入が少なくなり、ローンの返済にも困ってしまいます。空室は賃貸経営の大きなリスクですが、その対策として活用できるのが、家賃保証なのです。管理会社に、物件のことを任せることによって、空室の場合でも、毎月の家賃が保証されるというシステムです。保証料は管理会社に支払う必要がありますが、空室のリスクは心配なくなるので、初心者でも安心して賃貸経営することができます。その家賃保証と混合されがちなのが、一括借上げです。家賃保証と一括借上げはそれぞれ内容が違うので理解しておいたほうが良いです。一括借上げとは、賃貸借契約、クレーム対応など賃貸経営で行なう様々な業務をまとめて委託できるサービスのことです。一括借上げには、家賃保証のサービスも含まれていて、それに加えて他の業務も管理会社が行なってくれます。

家賃保証を安全に行なうためには、その会社について詳しく知ることが大切です。初期費用、保証委託契約更新料、決済事務手数料など、様々な費用を把握して、比較することで金銭面でトラブルにならずに快適に利用することができます。悪徳業者に騙されてしまうと、リスクを減らすために家賃保証を利用しているのにも関わらず、損してしまう可能性があります。それを無くすためにも、会社選びはしっかり行なうことが大切なのです。